TOP > カラコンガイド > カラコンデビューの方へ

カラコンデビューの方へ

カラコンをインターネット通販で購入する人が増えていますが、カラコンは薬事法で高度管理医療機器の指定を受けていますので、正しく使用する必要があります。

おしゃれのために利用する人が多いとは言え、目に直接付けて使用するものですので、取り扱い方法は一般的な視力矯正用のコンタクトレンズと何ら変わりはありません。

取り扱い方法を間違えると目の健康に重大な影響を及ぼす可能性のある医療機器として指定されていることをご理解の上、ご使用をお願い申し上げます。

初めて購入する際には、事前に眼科医での検診をお勧めいたします。度ありカラコンを購入したいと希望している人であればレンズの度数(P:パワー)を調べるために眼科医を受診すると思いますが、度なしのものを購入する場合であったとしても検診が必要です。

人間の目の表面のカーブや角膜の状態は人それぞれ皆違っていますし、体質にも個人差があります。それらを無視して自分の目に合わないものを使用していると、他の悪条件と重なって視力低下などを起こしてしまう可能性があるからです。

たとえば、目の表面のカーブ(BC:ベースカーブ)と呼ぶのですが、これが合っていないと装着時に違和感が出てしまうだけでなく、視力低下の原因となってしまう可能性が高いのでご注意ください。眼科医の検診を受けていなくても購入可能のカラコンもございますが事前の検診をお勧めいたします。

また継続的に使用するのであれば、定期的に検診を受けて自分の目の健康状態をチェックされることをお勧めいたします。カラコンには、一般的なコンタクトレンズよりも目の乾燥を促進させて酸欠状態にしてしまいやすいという特徴がありますので、気がつかないうちに目に過剰な負担をかけてしまっているケースが多いです。

また、日頃のケアを怠って細菌感染を起こしてしまう人も稀におりますので、定期検診をお勧めいたします。悪くすると細菌感染が原因で失明してしまうこともありますので要注意です。ただし、定期的に検診を受けて正しい使用法で使っている限りは安全ですので、おしゃれの幅をグッと広げることができます。